■クリスタルドール

ストーリー
天体観測をしていた光一の所にクリスタル状の小さなカプセルが落下。うっかり学校へ持ってきてしまったが、不思議な力に頭が冴えまくり。幸運の女神と思いきや、中に眠るコスモスの戦士を追って来たカオス兵に狙われる。そして学校は戦場に。

●短編集SELECT-6に収録
作品本編16P

●コスモスの戦士
宿敵であるカオス兵との戦闘中に罠に遭い、退避カプセルで地球に落下した。力を失っていたが、光一と望の心のパワーを受けて復活する。

●作品について
姉妹作品のパニックストレンジャーと同時期に執筆していた作品で、元は両作品共こちらのキャラクターで作画していました。ただし、パニックストレンジャーではよりコミカルな感じにアレンジしています。今回のリニューアルではパニックストレンジャー側のキャラクターデザインを変更したため、類似性は少なくなりました。

ストーリー中ではあまり設定を詳しく説明していないため、戦士達の戦いのいきさつは定かではありません。設定上は銀河の秩序を司るコスモスの戦士達と、混沌と破壊をもたらすカオスの軍団との長きに渡る戦いがあり、それが地球にまで及んできたというところでしょうか。短編なのでその辺りをスッパリ削って、光一と望を中心としたストーリーで押し切っています。ストーリー自体は単純そのもので、あっさりと流し読みして頂ければ十分です。

カオス兵はなんとなくエイリアンをイメージしていますが、実のところきちんとデザインしていないため、シルエットや部分的な描写でごまかしています。作品としての完成度を考えると、やはり細かな部分もきちんとアイデアを練り込み、しっかりデザインすることが大切だと思います。(反省!)

タイトルのlクリスタルドールは、カプセル内のコスモスの戦士のことですが、コスチュームがクリスタルの結晶のようになっているのがその由来です。作画だとあまりインパクトはありませんが、実物があるとすれば、宝石のように光り輝いてさぞやきれいなものだと想像してしまいます。硬質でありながら体にフィットしてフレキシブルでなければならないので、相当なテクノロジーが必要でしょうね。

●光一
天体観測が趣味の空想好きな高校生。
●望
光一のクラスメートで幼なじみ。
●カオス兵
コスモスの戦士との戦闘で、地球にやって来た。
天体観測をしていた光一の所に落ちてきたカプセル。中を覗きなきながらあれこれ想像を巡らせているうちに朝に・・・
怪物の魔の手が逃げる二人に迫り来る。夕日にうごめくシルエットが不気味だ。
カオス兵の目的はカプセルに守られたコスモスの戦士の抹殺。果たして二人の運命は。
コスモスの戦士の力の源は愛と正義の心。光一と望の思いが重なる時、戦士の力が解き放たれる。