■INT

ストーリー
世界に混沌と破壊をもたらすために、人間の未知なる領域「精神」を侵略する謎の敵INT。INTによって人は精神を汚染され、やがて恐ろしい化け物へと変貌する。強靭な精神力でINTに打ち勝った純は、同じ境遇の仲間達と共にINTを駆逐するため戦う。

●短編集SELECT-2に収録
作品本編36P

●収録サウンド
フェアリーズナイト


●純
INTの侵略を受けたが、強靱な精神力でINTを吸収し超能力を得た。しかしその代償として・・・

●作品について
INTは主人公(純)の父親が名付けたもので、INTERNALの頭の部分からとったものです。INTに侵入された人間は徐々に精神を乗っ取られ、やがて人体構造まで変化していきます。巧妙に人の世界に入り込み、普段は人と同じようにふるまっていますが、その実体は不気味な怪物です。INTがもたらすものは混沌と破壊。それを阻止するために戦い続けるのが純とその仲間達なのです。

INTは他のリリース済みの作品同様に構想自体は古いのですが、本来の構想ではINTという言葉にINTERRUPT(妨げる、中断する)を考えていました。著者がコンピュータ好きであることから、コンピュータ用語であるINTが真っ先に頭に浮かんだわけです。コンピュータでは何かの処理の途中で一時的に別の処理をすることを割り込み(INTERRUPT)と言います。アッセンブラでプログラムしていた頃、割り込みを実施するためにint 13等と記述していたことから、コマンド(略語でもある)INTが頭にインプットされていたようです。物語のINTは人の本来ある人生に割り込んで強制的に自分の意のままに人を動かすことから、その意味がよく似ていると考えたのです。ただ、あまり一般的な言葉でもないので、今回のリリースでは、より自然で的確だと思われるINTERNALとしました。


●真澄
INTの悪夢に悩まされ、INTとの同化が迫る。

●美香
まだ幼いがINTから得た超能力は強力。INT化で視力を失ったが、INTを感知したり、遥か遠方の状況を見通す能力を持つ。
●巧、光太郎、渡 (左から順に)
天才的頭脳の持ち主で、INTの意識体を凍結保存するフリーザー(精神凍結銃)を開発し、テレポート能力を持つ巧、豪腕と鋼の肉体を持つ光太郎、変身と自然環境を操る能力の渡等、純の仲間達。
INT化した人間が純を襲う。
やがて残酷な宣告が真澄に。
INTから超能力を得て無敵となった純だが、最大の敵が真澄となる運命の皮肉。INTの卑劣な罠が純らを絶体絶命の危機に陥れる。