■目覚めのプレリュード

ストーリー
時空を超える能力… それは宇宙の秩序を破壊する危険な力。
その時、麗の身に起こったのは!?

●短編集SELECT-4に収録
作品本編32P

●立花麗
体操部で県大会への練習に励む。ごく普通の女子高生だった彼女には、特別な能力が宿っていた。

●作品について
本作品はSELECT-3に収録した「パラレルショック」に類似した構想で作られていますが、内容はかなり異なるものになっています。最大の相違点は、パラレルショックでは時空管理局が転移能力者を保護する組織であるのに対して、本作品では捕獲・封印する側に立つことです。目的は似ていますが、その手段は全く異なるわけです。

つまり危険なものを上手に管理するのか、それとも排除するのか。それは人間社会のあり方そのものに関わる問題です。優しい心によって育まれた社会は前者を、効率のみを優先した冷たい社会は後者につながるでしょう。もしも現代社会にこのような問題が降りかかったら、果たしてどちらに進むでしょうか。

●パラレルワールド(平行世界)
パラレルワールドとは、ある時間に存在する空間は無数に存在するという考え方によります。フィルムに例えるとわかりやすいのですが、連続したフィルムが時間の流れだとすると、ある時間のフィルムに注目した時に、そのフィルムの周りにも無数のフィルムが存在するというイメージです。そこで現在の自分を中心に考えると、離れたフィルム上に存在する自分ほど、より異なるものになるというわけです。パラレルワールドの遠い彼方にいる自分は、もしかすると人間では無いかもしれませんせんね。

●速水勇児
男子体操部のエース。麗とはケンガばかりしているのだが・・・

●奈穂
麗の友達で同じ体操部所属。
●美幸先生
高校の
保健医。
時空管理局が持つ超時空新動機は、人や物を別の平行世界に転送するマシンだ。
こんな日常がいつまでも続くと信じていた麗だったが・・・

クラスメートだった勇児は、麗の知らない世界からやって来た。