■COSMOS舞ウェイ

ストーリー
星間戦争で失われた植民星の記録を求めて、銀河の惑星を巡る惑星調査員。遺伝子操作で能力を強化された彼らは、子供でありながら重要な任務をこなす。今回は惑星ジュラへの調査だったが、いきなり探査船を攻撃され惑星に墜落する。果たしてジュラ基地に何が起こったのか。

●短編集SELECT-5に収録
作品本編36P

●舞
真が率いる惑星調査チームの紅一点。
無敵のパワースーツに身を固め、冷静な判断と優しい心を持つチームのアイドル。

●作品について
夢の翼同様に、本作も宇宙を舞台に活躍する少年少女達のストーリーです。こちらは星間戦争によって大人が激減し、遺伝子操作によって生まれた子供達が新世界を構築していく時代の中で、真をリーダーとする5人のチームが、戦争によって途絶えた植民星の現状を調査するために、宇宙を巡るストーリーです。植民星の中には開拓が成功して豊かに暮らす人々もいるでしょうし、失敗して壊滅した開拓団もあるでしょう。夢と希望と現実の狭間の中で生きる人々を通して、調査員の彼らが成長していく姿を描ければと思います。

昨今では宇宙を舞台にしたいわゆるスペースオペラ的な作品は少なくなりました。かなりやりつくされた感があるのと、宇宙の実態が現実として捉えられるようになってきたこと、更に時代を反映してか、人々の興味が身近な話題中心になったことが要因かもしれません。

スペースオペラと言えば、やはり筆頭に上げられるのはスタートレックです。かなり昔のことですが、日本では宇宙大作戦(原題とかけ離れたタイトルで違和感がありますが)のタイトルで放送されていました。その後映画やTVで新シリーズが何本も作られたので、スタートレックの名を知らない人はいないでしょう。著者も当時夢中になった一人でした。カーク船長やミスタースポック等キャラクター性に飛んだ内容もさることながら、何と言ってもエンタープライズ号の洗練されたデザインに衝撃を受けたものです。特に初期作品のデザインが最も秀逸で、シンプルながら合理性に富んだあの美しいデザインは、永遠に色あせることは無いでしょう。

真達の惑星探査船は大気圏も航行できる。
●真
調査チームのリーダー。おっちょこちょいで怒りっぽいが、仲間思いの頼れる兄貴分。
●チビ
天才的頭脳を持つチームのマスコット。
●デカ
のんびり屋でおっとりした性格だが、思わぬ機転が利く力持ち。
●メカ
宇宙船の修理から雑用まで何でもこなす便利屋。出番が少ないのでイラストも無し。
●植物少女
ジュラ基地の住人。人工的に作られた植物人間。
●フレア
宇宙海賊レインボーフレアの女リーダーで、ジュラ基地の遺産を狙っている!?
●フレアの手下
ジュラ基地の住人を装って真達に罠を仕掛ける。
海賊に捕らえられ苦戦する真。タフが取り柄なのでこの程度ではへこたれない。
不毛の惑星に植物を根付かせるため生涯をかけた少女。その願いは今や全土を覆う植物となって結実している。
どことなく間の抜けた海賊達は憎めない存在だ。