■タマゴSTORY

ストーリー
タマゴが先かニワトリが先か、人類に課せられた難題はさておき、この物語はとあるタマゴ君のお話。外の世界に憧れながらも、得たいの知れない外界に恐怖するタマゴ君。果たしてタマゴのカラを破って外に出ることができるのか。期待と不安に導かれ、彼の冒険は続く。

●短編集SELECT-7に収録
作品本編16P

●バニーガール
作品導入部に出演する女性。本編とは意外な関係が・・・

●作品について
この作品は自分の中では異色の1本で、オリジナルもかなり昔に描いたものです。元々ギャクを描くのは苦手だった(自分のセンスでは適さないと思っていましたし)ので、あえて挑戦してみたことと、ストーリーも一風変わったものにしたいもくろみがありました。執筆の動機は、当時異色の作品を取り揃えて独自路線を走っていたマイナー雑誌への投稿だったのです。今から思えば当時は自分の作品の路線を見失い、何を描いてよいかわからないことへの裏返しがそうさせたのかもしれません。

そんな中で、なんとなく「一番簡単に描けるキャラクター」は無いかと思い、真っ先に浮かんだのがタマゴでした。意外に一筆で形良く描くのは難しいのですが、誰もが知っていてあっという間に描け、それなりに存在感があります。それに加えて、なんとなくバニーガールが描きたかったというのが重なり、このようなストーリーが出来上がりました。まったく行き当たりばったりもいいとこですが、それなりに楽しめる作品に仕上がったのではないかと、これでも自分では結構気に入っています。主人公のタマゴ君、間抜けで一生懸命やっても失敗ばかりする、自分で墓穴を掘るといったタイプのキャラクターが元々好みなんでしょうね。アニメで言えばケロロ軍曹等は大好きです。(笑)

●タマゴ君
タマゴが成熟し、外に出るべきかとどまるべきか、悩みながら冒険の旅に出る。
●ねずみのチュー太
タマゴ君を食べようと画策する。
●魚のヤーさん
溺れかけたタマゴ君を助ける。
タマゴの外に出るか悩み続けるタマゴ君。外界は危険がいっぱいなのだ。
ついに悟りを開いたタマゴ君。タマゴから出るために、いざ、修行の旅へ。
時には助言を仰ぐことも。
試練は思わぬ形でやってくる。果たしてタマゴ君の運命は。